株式会社 三原産業

研究開発技術

Technology

亜鉛めっきとは

亜鉛めっきとは

鉄素材に亜鉛めっきすると、単に外気を遮断して腐食を防ぐばかりでなく、ピンホールが生じて素地の極微部分が露出することになっても、亜鉛と鉄の間では亜鉛が陽極的な挙動をとるため鉄はなんら変化せず、亜鉛のほうが腐食して自己犠牲的に鉄を腐食から守る作用をする。それ故に、亜鉛めっきは鉄の防食に極めて効果的である。
元来、亜鉛の表面は、空気中で容易に酸化を受けるため光沢のない灰色を呈し、腐食によって白色粉末を生じたりして、外観はあまり優れていない。しかし、めっき後の3価クロム化成処理によって亜鉛表面の耐食性が増すと共に美観も備わり、更に防食力をも向上させることができる。

防食メカニズム

  • 亜鉛が先に腐食し、電子(e)を放出する。
    Zn → Zn2+ + 2e-
  • 鉄に発生した電子を供給し、鉄の電子の放出を妨げることで、防食効果を得る。(このような状態を局部電池と呼ぶ。)

「白錆発生」と「赤錆発生」

白錆とは
  • 亜鉛の錆(亜鉛の酸化物)
  • 白錆発生時間
     → 化成皮膜の強さ
赤錆とは
  • 鉄の錆(鉄の酸化物)
  • 赤錆発生時間
     → 化成皮膜の強さ+亜鉛めっきの強さ

工程

前処理
脱脂、洗浄

水洗
前処理
酸洗、除錆

水洗
前処理
電解洗浄

水洗
前処理
活性化

水洗

水洗
ベーキング

水洗
硝酸活性

水洗

水洗
乾燥
(※)の工程は、詳細ページでご確認いただけます。

参考:亜鉛めっき

某自動車メーカー規格

めっき膜厚
(µm)
塩水噴霧試験
発生迄の時間
(時間以上)
化成皮膜種類
めっきのみ クリア ブラック
5以上 白錆 - 72
赤錆 48 120
8以上 白錆 - 72
赤錆 96 168
13以上 白錆 - 72
赤錆 144 216
25以上 白錆 - 72
赤錆 240 312
引用文献

めっき技術ガイド(全国鍍金材料組合連合会)

ページの先頭へ