株式会社 三原産業

研究開発技術

Technology

亜鉛めっき

  • 亜鉛めっきが腐食して自己犠牲的に鉄を腐食から守る作用をする。 それ故に、亜鉛めっきは鉄の防食に極めて効果的である。
  • 電気亜鉛めっき浴はアルカリ浴と酸性浴に大別される。
  • アルカリ浴
    • シアン浴
    • ジンケート浴
  • 酸性浴
    • 塩化浴
    • 塩化カリ浴
    • 塩化アンモニウム・カリウム折衷浴

シアン浴の特長

  • 浴管理が容易である。
  • 浴自体に洗浄性があるため多少前処理が雑となっても密着性が良い めっきが得られる。
  • めっきが緻密なため、2次加工性に優れる。
  • 鉄等の不純物の持ち込みに鈍感である。
  • ウィスカーの発生率が一番少ない。
  • 毒性の強いシアン化ナトリウムを使用している。
  • 排水処理でシアンの分解が必要である。アルカリ塩素法により容易に 分解できる。

ジンケート浴の特長

  • めっき組成が単純で管理しやすい。
  • めっき速度が速い。
  • 均一電着性に優れる。
  • 後処理(6価クロメート処理、3価クロム化成処理)後の耐食性に優れる。
  • 排水処理が簡単である。
  • 不純物の持ち込みの影響を受けやすい。
  • ウィスカーが発生しやすい。
  • 前処理を十分に行う必要がある。

塩化浴の特長

  • 電流効率が、90%以上と良好でめっき速度が速い。
  • 光沢性、レベリング性に優れる。
  • アルカリ性浴ではめっきが困難である鋳物や特殊鋼に容易にめっきできる。
  • ベーキング処理後の仕上がり外観の低下がない。
  • 浴電圧が低く電流効率が高いので電力消費が少ない。
  • 不純物の影響を受けやすい。
  • 前処理を十分に行う必要がある。
  • 窒素等の排水処理が困難である。
  • 腐食性が強く、設備の耐久年数が短い。
引用文献

現場のための表面処理技術ハンドブック(社団法人日本表面処理機材工業会)

ページの先頭へ